メソッド演技とは 

型(表面的な演技)ではなく、

つまり、せりふを抑揚で意味づけしたり、

台本のイメージを説明演技したりせず、

内面的な精神を大切にする演技技法です。

メソッド演技がリアルである理由は

俳優の内的(心の)衝動役の行動を生むこと

にあります。

★ 簡単に言いますと=

 
@『お腹が空いた内的衝動・動機・原因)』

           ↓

A『何か食べたい
本能または意思)』

           ↓

B食べ物を探す行動
           ↓

C……が冷蔵庫は空っぽ障害・反行動
           ↓

D『食べ物が、無い!感情の発生)』
           ↓

E役は、また食べ物を探す行動に出る。


スタニスラフスキーが演技は行動である。

       acting and doing are the same


と言っているのはこのことです。


@の『お腹が空いている』を信じることが出来

るようになる訓練なのです。 本気になる!

@を信じることが出来れば全ての行動がリアル

にな り、障害に突き当たるたびにリアルな感情

が想起するのです。




構を信じる難しそうですか? 

では→実験1あなたのオデコに蚊がとまっている

思って下さい。

どうです? 何か感じたでしょう……。


スタニスラフスキーは役に対して「人間の精神

生活」を具体的に作ることを俳優に教えたのです。

「自分の空想(空想する才能)によって舞台生活に

働きかけよ」と言っています。



■actor21 は 欧米で実践されている

サンフォード・マイズナー方式でレッスンをして

います。

更に、マイズナーの基礎であるスタニスラフス

キーシステムも同時にレッスンします。

どの過程を経てマイズナーテクニックが誕生し

たのかも指導します。

基礎の基礎を知ることでよりメソッド演技が明

確になります。

メソッド俳優にはアカデミー賞受賞者の

アルパ・チーノ  

ブラッド・ピット  

アン・ハサウエイ  

ロバート・デ・ニーロ など…… 

ほとんどの 俳優がメソッド演技訓練をしていす。



    
基礎1「トウァレット」

スタニスラフスキーシステム)

即、相手とせりふのやりとりをして、その際に

生じる俳優の単純な本能(感情)から始めます。


例:(「この人、眼がきれい」)と内的な感情が起

き→それがせりふに影響をおよぼすのです。

これを「レペティション」といいます(基礎2で説

明します)。


そして、このレッスンの中に……、

サモチューフストヴィエ」


(役の生活のリアルな感覚)を生むシステムが含れ

ていて→「本気回路」(嘘の感情ではなく本気にな

る)を派生させるのです。

※この方法を単純化したレッスン、

アクティブディ」でも学ぶことが出来ます。

(基礎3で説明します)




あなたに質問= あなたは家で稽古した演技を

そのまま 現場で演じていませんか?


これを…スタンプ」(判子)と言い、

「生きた演技」とは言えません。 

演技は相手役と相対した時にふつふつと生ま

れるものなのです。


           
・あなたに質問=あなたは、自分を「ジャッジ」

(頭の中で自分を評価する)していませんか?


心の中で 『あ、違う! 上手くいってない!』 、

そのためにどんどん演技が崩壊して行くのです。


では、どうすればいいのか?

ノン・ジャッチ」を手に入れるのです。

「ノン・ジャッジ」は「トウァレット」レッスンが

解決してくれます。



・あなたに質問=演技する時にひどく緊張しま

すか?


 (緊張は皆します・緊張は俳優の職業病と言われ

ています。ここちよい緊張を手に入れましょう)

これも「トウァレット」レッスンが解決してくれます。

例=あなたは携帯を見ている時、まわりが気

にならなくなりませんか?

対象の移動:(意識が自分から外に向いている

からです)

実験その2 (スタニスラフスキーの訓練の一つ

ですが)=あなたの意識を窓の外の音に集中して

みて下さい。

または、財布の中の小銭がいくらあるか数えてみ

て下さい。

意識がご自分からそれたでしょ!

自意識が緊張を生むのです。


 
あなたに質問=演技が難しいと悩んでいませ

んか?


それはご自分でいろいろ「考え、くふう」して、荷

が重く混乱している結果、「演技不可能

になっているのです。


情報の氾濫」というやつです。

演技はもっと
シンプル」なものなのです。

複雑な状況を単純化することによって「
演技可能

を手に入れるのです。

そして、「
結果を気にしない」ことです。


あなたに質問=ご自分の演技を嘘っぽいと思

っていませんか?


それは役を「演じよう」としているのが原因です。

演じるのではなく「役を生きる」のです。

「本気回路」を生む訓練が解決してくれます。



基礎2「レペティション」エクササイズ

相手の影響で自分が変化するレッスンです。

レペティションの訓練により

相手をしっかりと、「観て、聴く」(見る、聞く、では

ありません、see ではなく lookです)

この相手の影響により リアルな自分でも計算の

たたない演技が生まれます。

・「相手が台本と言うことです!」


「トウァレット」
を学ぶ中の一つのレッスンです。

「レペティション」はマイズナーが考えたように思わ

れていますが、もともとスタニスラフスキーの考案し

たものです。

探知」と言われてました。

スタニスラフスキーは「精神的電流のやりとり」と

言って
います。

しかし、従来のレペティションの訓練はは精神に

負担をかけるので新しいレペティションを指導して

います




基礎3「アクティブティ」エクササイズ
      
簡単な状況をつくり、作業を達成させるレッスンで

す。

自分で作った作業を遂行することに没頭することで、

本気回路」を育てます。

(嘘ではなく本気になって役を生きる訓練です)

例=あなたは1分以内に鶴を折らなくてはならない

→何故ならあなたの小道具の鶴が無くなり、1分後

に鶴を持って舞台に出なければならない!


※このエクササイズであなたは架空の

状況を信じられるようになり、
嘘のない演技

を手に入れることが出来るようになるのです。




基礎4「プレパレーション」

       
 (役の準備・状況作り)のレッスン。

ハリウッド俳優が使っている、

 Initial Questionsを少しご紹介します。


★ Initial Questions 

(「役作りの上での最初の質問」)



1.Who am I?(私は誰?)
 
・場面が始まる前に何をしていたのか? 

・役の履歴。

・他の役は自分に対して何と言っている

のか?

・役の職業、収入は?

・行動様式の特徴は?

・自分の役柄が、その時代の家族生活、習慣によ

ってどのように決定づけられているのか?


                       



2.what is the present situation ?

              (現在の状況は?)

・自分の役柄は、ここに何をしに来たのか?

・役柄の健康状態は? 疲れているか、空腹か、

何かの病気にかかっていないか?

・精神状態は? 正常化、混乱しているか、穏や


か、怒っているか、酔っているか?

・役柄に影響を及ぼすような刺激はないか?

・場面の中で、自分の役柄と他の役柄との関係は


                       他


3.where am I ?


      (自分の役柄はどこにいるのか?)


・役が置かれている状況は? 

どんな時代、西暦何年、季節、何月何日、何時、気

温湿度、天気?

・役柄が使っているベット・ルーム、居間は?

・場所の状況を具体的に作り上げる。


                       


中略Initial Questionsを企業秘にしていらっし

ゃる俳優・指導者の方もおりますので全てを記すの

は失礼と思いまして)



6.What do I wan ?
 
     (自分の役柄は何がしたいのか?)


・役作りをする上で一番大切な事です。

 (この勉強が役作りの中心になります)

・その目的を達成するために、どういう行動をとるの

かを具体的に決める。

・せりふ一つ一つの行動。

・その目的を達成する前に、どんな障害があるのか



それを、どう乗り越えるのか、戦うのか?



★以上の様に、台本の「イメージ」ではなく、「具体

的に役の人生を作って行く」ことが、「与えられた状

況」を作るコツです。また、

いっぺんにやろうとすると「情報の氾濫」になります

のでゆっくり消化しながら進めて下

さい。

「与えられた状況」の理解は、日本のプロの演出家

・俳優にとっても難解のようで困惑している方がいる

ようです。勉強、勉強、努力です。

「Initial Questions」の他にも、

スタニスラフスキーの「正しい道」があります。

台本をスライスして情報を作る方法です。



actor21はマイズナーや

               リーストラスバーグ派

が使っている「感情準備」はやりません。

「感情準備」とは役のもつ状況の感情を自己の過

去の経験や別の想像で感情を想起し、演技の感情

を作りだす作為的な方法です。

感情準備はスタニスラフスキーが発見した『
』と

いうものですが、スタニスラフスキー自身長くは演

技に取り入れませんでした。

「芸術家はを使ってはならない、

空想する才能、想像の中に現実のつながり

       を作りだす才能がなくてはならない」

  
              スタニスラフスキー。

計算され、観察された感情や心理は、もはや

生きたものでは無い
」。

つまり、「ここで、怒り…ここでは不安になるんだな」

と、台本を読んで思考したとき、それは、頭で計算

されたものであって、

演劇の流れで自然発生的に生まれる心理・感情が

死んでいると言う事です。


現在のハリウッド俳優は「感情準備」を

使っていません。メソッド眼のある方ならお分りだと

思います。



「アクティブティ」」の訓練で前提状況を信じること

が出来れば感情は自ずから派生します。




演劇歴55年の永妻晃が統計ではじき出した

★やってはならないアプローチ、危険なエクサ

サイズを明確にします。


(メソッドエクササイズには精神面を傷つけるものが

あります)


安全なレッスンを提供します。




更に、無料公演.・実験劇場で、
              
                  
自らを実験し


俳優の楽器を磨き上げるシステムを実行してい

ます。


ご要望により、過去の

       
なつかし実験劇場の

             動画を載せました。





はじめよう、しかし演じてはならない

                  スタニスラフスキー

   
 
メソッド演技はロシアの俳優・演出家であった、

 コンスタンチン・スタニスラフスキー

(1863-1938)が真実の演技を求めて研究し、

世界の演劇界が認めた演技技法です。



日本では1912年、劇作家・演出家の小山内薫が

ロシアでスタニスラフスキーと出会い日本演劇界

にスタニスラフスキーシステム演技を導入しました。



私、永妻晃の師、志村喬

(黒澤明監督作品「生きる」「七人の侍」に主演した)は、

アメリカの映画監督
エリア・カザン

(マーロン・ブラント、ジェームス・ディーンや多くのメソッド俳

優を起用した)
に……

「グレート志村」と賞賛された俳優です。

志村先生と出会った、第一声が、

「君、芝居しちゃいかんよ」 でした。

スタニスラフスキーの言葉そのものでした。



アメリカでは1923年、 

スタニスラフスキーが引入るモスクワ芸術座

がニューヨークに訪れて以来、

スタニスラフスキーメソッドが伝わり、

 リー・ストラスバーク 

 サンフォード・マイズナー 

 エリア・カザン 

 ステラ・アドラー

などが影響を受けました。


更に演技技法は現在も発展しています
  




               永妻晃




            

 

         




























































































































































































































































































































































































       



















































努力のレッスン生



acto21 永妻塾


スタニスラフスキーシステム



サンフォード・マイズナーエクササイズ

におけるレッスン






演技レッスン 1



トウァレット

スタニスラフスキーシステム

即、シーンから入ります。

このトワァレットであなに邪魔しているものを取り除き

演技へと進みます。








アクティヴティ

サンフォード・マイズナーエクササイズ



トウァレットの前に行います。



演技の元である行動の動機を単純な状況で作り、本気回路を生む訓練です。


これにより台本に繋げる事を学びます。








演技レッスン 2


レペティション


スタニスラフスキーシステム

サンフォード・マイズナーエクササイズ



    レペティションのレッスンにも危険が潜んでいます。

    安全なレペティションを行っています。


相手からの影響で自身に衝動を派生させ、リアルな演技を生み出します。


   あなたの友人がとても機嫌が悪い時、あなたの言葉はそれに影響されるはずです。



相手の演技の影響で自分の演技が作られて行くのです。






「行動でする分析」

スタニスラフスキーシステム

演技を頭で割り出すのではなく

台本を手にしたら「何も準備をせずに」せりふを言い

そこで相手、自分自身から手に入れたものから構築して行き

台本に近づくシステムです。






演技レッスン 3


プレパレーション

役作りの準備です


スタニスラフスキーシステム

サンフォード・マイズナーメソッド演技



まず、
シーンの前に何があったのか?



 
  役の過去にどんな事件があったのか? 役を駆り立てるものは何か?

前提状況といいます。
このことを発見することにより、俳優は 「存在の権利」 を手に入れ

行動(演技)を開始するのです。


   
存在の権利のない演技は生命のない、ただせりふの

   イメージを語台本の報告者(説明者)に過ぎないのです。



役の状況の構築」によりキャラクターも派生します。





「状況」の掘り下げ

ある事件が起き、それを解決しようと役は行動を起こします。

その行動を「貫通行動」と言います。

その「貫通行動」……心の奥に潜むものを探し当てる技法です。

役の行動には多くの内面的なものがひしめいています=ポドテキストともサブテキスト言います。




★超課題

大いなる行動が「
超課題」(役を貫くための真の課題)

この、「超課題」がないと、
台本と役の達成はないのです。

スタニスラフスキーは「シーンは真珠の玉、超課題はそれをつなぐ紐(ひも)」

と言っています。

つまり 「超課題がないと真珠のネックレスは作れない」、舞台(演技)は完成しなのです。






演技レッスン 4

演技に深みを出すタクトレスネスの訓練


役と自分をトランポリンする訓練で、実人生の深い真の精神生活を生みだします。

この技法は台本のスタイルで使い分けます。








actor211997年にレッスンを開始

現在までに709名のレッスン生を指導しております。


私の教え子の中にも指導者として活躍し、舞台・映像へ俳優を送っております。





イエローページ
      の記録
 レッスン日               と
 料金
actor21
公 演
永妻 晃

実験劇場
メソッド演技とは

無料体験・見学お申し込み



必ずご返信致します。

返信のない時には

何かのトラブルですので

他の方法でお申し込み下さい

TEL:03-3607-2101

actor21@silk.ocn.ne.jp


  地図



■教材と実験劇場用台本


かわうそ めぐりあう らくだ イカロス 廃墟 切腹 切腹2   A            B                       P        
野良犬1 野良犬2 野良犬3 野良犬4 野良犬5 野良犬6 野良犬7 野良犬8harumi